算命学:十干の理解

算命学における十干の理解

算命学では十干・十二支が使用されており,非常に重要な役割を持っています。干支と算命学は切っても切れない存在となっており,理解が不可欠です。

十干には以下の十種類があります。

各十干にはその干を象徴するようなイメージが割り当てられています。いずれも自然界に存在し,目に見えるものです。干の性質や特徴を覚えるには,そのイメージで把握するのが良いでしょう。以下では,各干の象徴となるものを示してみます。

十干の象徴

甲(陽木性)

陽木性の甲木

甲は陽木性。樹木を表します。天へ向かって一直線に伸びます。「直」と表されます。

乙(陰木性)

陰木性の草

乙は陰木性。草木。樹木と違って風に吹かれてなびくのが特徴。柔軟性を持っています。

丙(陽火性)

陽火性の太陽

丙は陽火性。太陽です。力強く輝きを放つ暑い太陽です。明るくそして暖かさを持っています。

丁(陰火性)

陰火性の灯火

丁は陰火性。灯火です。太陽と比較し弱い力ながらも,暗闇を照らします。

戊 (陽土性)

陽土性の戊土

戊は陽土性。山・山岳です。しっかりと大地に座しています。

己 (陰土性)

陰土性の己土

己は陰土性。田園・畑です。広くどこまでも続く大地です。

庚 (陽金性)

陽金性の刀

庚は陽金性。刀・岩です。鋭さを持っています。

辛 (陰金性)

陰金性の宝石

辛は陰金性。宝石です。キラキラと光り輝き美しいです。

壬 (陽水性)

陽水性の海

壬は陽水性。広大な海です。一箇所に留まること無くゆらゆらと動き続けています。

癸 (陰水性)

陰水性の雨

癸は陰水性。雨です。

関連記事

十干と併せて十二支も非常に重要な役割があります。以下では十二支について解説しています。

お困りごと・鑑定依頼は、以下からどうぞ(^^)

鑑定依頼をする <

占いばばあの算命学メルマガ購読募集中

ブログとはちょっと違った算命学情報を不定期に!?お届けします。 現在18名の方が購読中です(^^)