算命学:天中殺期間での結婚について

2019年10月6日

算命学:天中殺期間での結婚について

あなたは結婚しているでしょうか。結婚したのはいつでしょうか。天中殺のときに結婚はしていないでしょうか。天中殺で結婚した場合、なにか影響があるのでしょうか。気になる方もいるかと思います。見てみたいと思います。

注)本記事にて扱う「天中殺での結婚」とは大運天中殺または年運天中殺の時のこととして考えます。月運天中殺および日運天中殺でも該当しますが、前者と比較して影響は軽微と考えます(影響がないわけではありません)。

天中殺というのは運勢の休息のときであると算命学では考えています。時間の経過のみがあり空間が存在していない状態です。眠っている時を想像するとわかりやすいでしょう。夢の中なのです。天中殺のときに起きた出来事は幻であり、いずれ夢から覚めるのです。夢の中で結婚したと言えます。その結婚はいずれ覚めます。

天中殺で結婚した場合の症状と対応

天中殺で結婚した場合は以下のような事象が起きる傾向があります。

  • 離婚
  • 死別
  • 別居(単身赴任も含む)
  • 妻か夫のどちらかの健康に問題が出る
  • 子供ができない
  • 子供に問題が出る
  • 妻か夫のどちらかが浮気をする
  • 夫婦仲が悪くなる
  • 夫の仕事に問題が出る など

天中殺で結婚した場合は上記の何れかの現象が起きる傾向があります。この現象を避けるためには、上記の何れかの状態になればいいと算命学では考えます。離婚や死別というのは、根本的な解決にはならないかもしれません。したがって、子供を作らない・別居する・浮気を許容する等の対応が必要となります。別居とは単身赴任等も含みますので、これも有効な手段の一つかもしれません。

人生の中では結婚しやすい時期というものも存在します。併せてこちらもお読みください。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

占いばばあの算命学メルマガ購読募集中!

ブログとはちょっと違った算命学情報を不定期に!?無料でお届けします。 あなたの星を稼働させましょう! 現在79名の方が購読中です(^^)

あなたの星を稼働させるためには,まず宿命を知ることが第一歩です。あなたの星を算出してみましょう!