十大主星:車騎星・牽牛星

2019年10月6日

十大主星:車騎星(しゃきせい)

車騎星は攻撃本能の陽金性です。

車騎星は、日干が剋される干から表出されます。日干を剋す干が日干と同じ陰陽である必要があります。たとえば、戊から甲を見て表出される星です。甲(陽木性)→戊(陽土性)です。

攻撃の本能には、集団で発揮されるものと個人で発揮されるものとがあります。集団の攻撃は個人が集団の制約を受けるので陰的なもの、個人の攻撃は個性が発揮されるので陽的なものです。車騎星は陽の攻撃本能であり、個人の攻撃です。個人の攻撃は周囲の人達との関連を考えずにできるため、独断的攻撃になりやすく善悪の判断にかかわりなく行われます。

スポーツの世界や前進を要求される世界においては見事な力となります。前進の姿は前向きに行動しているということで仕事や職業という意味で見ます。このため、前進していることや仕事をしていることが車騎星の生きがいのように見られます。

車騎星は、行動力・仕事・前進・清潔感・几帳面・一途な性格などの意味があります。

車騎星は動くということが主となり、理屈が後からついて回ります。このため、凶暴になると理屈が通用しません。一見悪い事のように見えますが、これは戦争やスポーツなどの闘争を必要とする世界には欠かすことのできないものです。

車騎星は平和や安定した時代においては破壊作用を発揮します。車騎星は個人の攻撃を主とするだけに、体力を消耗して行動することを嫌がりません。肉体が病んで行動が不可能になると気弱になります。行動的であるということは、現実主義でもあります。

車騎星のまとめ

  • 人物:偏夫・男
  • 色:白
  • 性情:闘争・前進・行動・スピード・短期・粗暴・几帳面・清潔・緊張感・自虐性
  • 方向:西南西
  • 本質:直情・剛
  • 時期:動乱期・戦乱

十大主星:牽牛星(けんぎゅうせい)

牽牛星は攻撃本能の陰金性です。

牽牛星は、日干が剋される干から表出されます。日干を剋す干が日干と異なる陰陽である必要があります。たとえば、己から甲を見て表出される星です。甲(陽木性)→ 己(陰土性)です。

攻撃本能の陰で表される牽牛星は集団行動の本能を備えており、集団の制約の中にあります。集団行動をすることによって攻撃本能を発揮するのです。たとえば、団体競技によるスポーツ・組合活動・軍隊に依る戦闘行為などです。集団の攻撃本能は、集団の枠からはみ出さないことが最も美となります。集団という限定の中での攻撃は、けじめや出所進退を必要とします。個人的な感情や個人的行動を表に出すことができません。

牽牛星は集団を意識した行動のため、自制心のある攻撃となります。これが見事に発揮されるときは衆を率いる能力となり、集団の中での統率者となります。統率者となることで名誉や名声を得ることになります。名誉名声はその人にとって自尊心や自負心となり、責任感となります。

牽牛星は、名誉名声・自尊心・けじめ・集団闘争・統率・真面目等の意味を持ちます。

牽牛星の発揮する勇気は、集団の攻撃本能を発揮するためのものであって、個人の武勇のためではありません。一方、車騎星の勇気は個人のためのもので、武勇・英雄に例えられます。牽牛星は組織の中の勇気で組織とともにあります。そのため、車騎星は武官・牽牛星は文官となります。

牽牛星は集団の攻撃を主とするから、個人的実力の発揮を押さえる事が多く、冷静さと沈着さが備わります。それは大きな目的のために小言を捨てるに似て、その実行には勇気と決断力を必要とする反面、人間性が非情で冷淡に見えます。牽牛星の愛情は集団を基調とするものであるから、人間生活で情愛を最も必要とする集団は家庭です。家長は夫であり、牽牛星には家庭や夫の意味があります。

牽牛星は集団を基調とするため、体制側に付くことを本質とします。自ら体制に反抗することはありません。体制の中にあるから個人が光るのであって、これを勘違いして自分に能力があると過信すると傲慢さが現れます。このため他人からひんしゅくを買うことになります。

牽牛星のまとめ

  • 人物:男・夫
  • 色:白
  • 性情:名誉・名声・決断力・勇気・自制心・自負心・責任感・非情・冷淡・屁理屈
  • 方向:正西
  • 本質:現実的
  • 時期:平和期

伝達の星の十大主星、鳳閣星・調舒星です。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

占いばばあの算命学メルマガ購読募集中!

ブログとはちょっと違った算命学情報を不定期に!?無料でお届けします。 あなたの星を稼働させましょう! 現在79名の方が購読中です(^^)

あなたの星を稼働させるためには,まず宿命を知ることが第一歩です。あなたの星を算出してみましょう!