無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

四柱推命の矛盾点

算命学と他の占い

まずは、日本でも有名な四柱推命を例に出してみましょう。

四柱推命では、年干支・月干支・日干支の他に「時刻」を使用すると言います。四柱推命占者は「算命学にはない時刻を考慮しているのだから、より正確な占いができる!」と主張します。それはなぜでしょうか? その理由・根拠を考えてみたいと思います。

そもそも時刻を加えることによってなぜ「より正確な」占いができるのでしょうか? 四柱推命占者でこの問いに答えられる者は居ません。未だかつて出会ったことがありません。問うても「時刻を加えるのだからより正確だ」としか答えず、そもそも問いに対する回答になっていないのです。時刻を使用するのであればその根拠・理論が必要でありますが四柱推命占者は、それも持ち合わせていないようなのです。

これに関する詳しい説明や反論は他のブログで多数語られているので、ここでは説明しません。

時刻の必要性

算命学においては、そもそも時刻を使用しません。時刻は必要ないからです。必要のないものを用いるのは、もともと持ち合わせている正確さに不正確さを足すようなものですね。

そして、算命学において時刻が必要ない理由は理論的に説明ができるのです。この「説明ができる」というのがポイントであり、理論や根拠のないものは占技として使ないのが算命学なのです。当然ですね。説明ができないからです。

しかし、なんとか説明をしようと、無理にこじつけた(傍から見れば破綻した)理論や再現性に欠ける説明をすることでその正当性を主張する者もいます。説明できないものを説明しようとする、これは非常に滑稽なことです。

時刻というのは人間が作り出したものです。自然の法則ではありません。それを占いに用いるというのは、異物を混入するようなもので、また人間の勝手な解釈によるものです。自然の法則を乱すものなのです。算命学はその大前提として、人間を自然物であると考えています。自然のものを用いるのが大原則であり、時刻のような人間が作り出した自然物ではないものを占技には用いることはできないのです。

算命学に存在するすべての技法には理論が存在します。根拠があるのです。換言すれば、理論や根拠のないものは技法として成立しないのであり、取り入れられることはできません。

そもそも算命学が成り立ってきた歴史を紐解いていくと、四柱推命は理論性に欠けることが分かります。誤解のないように事実を書くと、四柱推命は算命学を基にしてできあがった占いなのです。そして、四柱推命ができあがっていく過程において、算命学の重要な理論や根拠が削ぎ落とされてきました。算命学の重要な理論を捨て去って出来上がったのが四柱推命なのです。一般に、広く受け入れられるのは四柱推命の方です。それは、初心者にも分かりやすいからです。つまりとっつきやすいのです。難しいものを徹底的に排除していったのだから、それは当然と言えます。

一方で、算命学は難しすぎて一般には受け入れられなかったというのも事実と言えるでしょう。その難解さ故、一般には理解するのがとても困難と言われています。しかし、換言すれば、本質を備えているからこそ、簡単には習得できずに低脳者をいままで排除してきたとも言えます。

誰しも簡単な方へ・楽な方へ行きます。それ故仕方ない面もあるのですが、本質を備えたものが何であるかをしっかりと見据える必要があります。そして、それは各人に委ねられているのです。

簡素化・簡略化に依る弊害

昨今の世の中ではいろいろなものが簡略化されてきました。「難解なものを初心者にも分かりやすいように」と、難解な部分を削ぎ落としてきたのです。初学者はその削ぎ落とされた「表面上の」部分にしか触れることができず、そしてそれで納得した気になります。これは、ある面を見れば合理的なのですが、本質をとらえるには逆効果であることが分かります。これが四柱推命である。

算命学は奥が深いです。

すべてを習得し実践として駆使することができるまで十数年の時を要します。学問や芸事というのは一朝一夕に習得できるものではないのです。さらに、伝統的な学問や芸事においては簡素化・簡略化など論外であることも周りを見渡してもらえれば分かることであろう。

学問や芸事というのは、古来より先人達が守り抜いてきた歴史ある技術・知恵・伝統が受け継がれているのです。簡素化・簡略化することで廃れ去ったものも世に存在する。先人達の引き継いできた「伝統的な」学問・芸事というのは、むやみやたらに簡素化することなど許されず、それ故習得することが困難なのです。

 

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です