無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

算命学から見る:「気」って何だ?

気とはなにか。

気とは

算命学を学ぶ上で「気」は切っても切れないものです。算命学は気の学問であるとも言えます。では、気とは一体何なんでしょうか?私たちが日常的に使う言葉の中にも「気」と付く言葉はいくらでもあります。「気」と付く言葉を毎日どれくらい言っているでしょう?100回位言っているでしょうか?自分でも気が付かないくらい、それくらい「気」と付く言葉はたくさんあります。

  • 元気
  • 天気
  • 人気
  • 気力
  • 病気
  • 合気道
  • 気配
  • 空気
  • 気分
  • 景気
  • 電気
  • 勇気
  • 気体
  • 水蒸気
  • 覇気
  • 気がする
  • 気が合う
  • 気にしない
  • 気がつく
  • 気持ち悪い
  • 気が利く

なお、本来は「氣」という字を用います。「メ」ではなく「米」という字が中に入っています。気は末広がり八方に拡がることを意味しています。

気という言葉を辞書で引いてみると、以下のような意味が掲載されています。

1.心の動き・状態・働きを総合して捉えたもの。精神。

2.見えないとしても身のまわりに漂うと感ぜられるもの。

3.口を出入りする息。呼吸

4.四季の中の十五日間をまとめた期間。五日間を「候」と言い、その相継ぐ三候が気。

 

出典:岩波国語辞典 第七版新版

気の正体

気は目に見えません。触ることも匂いをかぐこともできません。しかし、この世界には、地球には気というものが確かに存在しています。では改めて、気とは何か?それは気の力である。質問に対する回答になっていないようですが、これが本質です。なお、西洋医学では気は否定されているようです。一方で、東洋医学では陰陽論・五行論が基になっていますので、当然気は在る前提です。気はすべての土台になっています。また、気が人間に味方する状態のことを「運が良い」と言います。

原因と結果

この世の中には日常的にあらゆる事象がありますが、どの事象においても必ず原因と結果が存在します。原因なくして結果が存在することはあり得ず、また、結果のみがありその原因がないということもあり得ません。

小学校の頃にみんなで朝顔や植物を植えなかったでしょうか。みんなで同じものを育てているのに、育ち方が異なります。早く花が咲く人もいれば、ゆっくりな成長だったり、中には花が咲かなかったり、枯れてしまった人もいたはずです。植物の個体差というのは確かにあるでしょうが、それだけでは語れない何かが存在しているはずです。

葉っぱの写真1

例えば、ここに植物の苗が2つあったとします。まったく同じものだとします。同じものを同じ場所に植え、同じように水をやり育てました。しかし、片方はすくすく育ち、片方は思ったように育ちません。この様なことは日常的にもあります。

これはなぜでしょうか? 何がこの様な結果を生んだのでしょうか?

同じものであるはずなのに、2つの植物は異なった結果を生みました。そこには何らかの力が加わったからだと算命学では解釈します。何らかの力が加わったため、異なった結果となったのだと考えます。この「何らかの力」が気なのです。科学的に説明をするのは恐らく不可能でしょう。気とは不可視であり、存在を確認することができません。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です