無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

大運法

大運について

大運の分類

大運:たいうん、と読みます。後天運の内のひとつであり、後天運の中では最も重要なものです。

大運は10年毎に変わります。十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と、十種あります。十干が10年で一巡するため、10年をひとつの大きな時代と考えるのです。人の運勢は十年毎に大きく移り変わるのです。

大運と年運は人生に与える影響が非常に大きく、生きていく上では無視できません。一方で、月運と日運は、大運・年運と比較すると影響度は小さいですが、これも無視していいというわけではありません。

大運の出し方(予備知識)

年には陽年と陰年があります。陰陽論の考え方に則り、陽と陰は必ず交互に並びます。十干には、陽干と陰干があります。これがそのまま陽年・陰年に当てはまります。つまり、陽干の年は陽年、陰干の年は陰年となります。

  • 2018:戌=陽年
  • 2019:亥=陰年
  • 2020:子=陽年
  • 2021:丑=陰年
  • 2022:寅=陽年
  • 2023:=陰年
  • 2024:辰=陽年
  • 2025:巳=陰年
  • 2026:午=陽年

次に、大前提として、男が陽、女が陰です。この二つの考え方から、以下のように整理できます。

順行と逆行

  • 男で陽年生まれ:順行
  • 男で陰年生まれ:逆行
  • 女で陽年生まれ:逆行
  • 女で陰年生まれ:順行

順行とは、自然の気に合っているということです。逆行とは、自然の気に合っていないということです。

順行・逆行が判明したところで次に、以下のように日数を数えます。

  • 順行の場合は、誕生日から数えて次の節入り前日まで数えます。(「次の」=順行)
  • 逆行の場合は、誕生日から数えて前の節入り日まで数えます。(「前の」=逆行)

誕生日を1として数えます。逆行というのは、「遡る」ということです。数えた日数を3で割ります。3で割って小数点が出た場合は切り上げます。その切り上げた数字が歳運(さいうん)です。

大運の算出(実例)

大運の算出例

上記の宿命を例に大運を算出してみます。生年月日は仮のものです。2020年6月9日。

  1. 2020年は、庚子年です。庚は陽干ですから陽年です。
  2. この人は女性です。
  3. 女性で陽年生まれなので、逆行になります。
  4. 誕生日は6月9日です。
  5. 逆行なので、6月9日から前の節入り日まで遡ります。
  6. 2020年6月の節入り日は6/6です(解説割愛)。
  7. 6/9 → 6/8 → 6/7 → 6/6となり、4日間です。
  8. 4を3で割ります。4÷3=1.33333…..となり、切り上げて2とします。
  9. 従って、歳運は「2」となります。

上記で求めた「2」が大運第一旬です。大運は10年毎に変わるので、第二旬、第三旬、第四旬…と続き、この女性の大運は以下になります。この人の場合、0歳~2歳までを大運初旬と言います。初旬と第一旬は別物です。

  •   2(第一旬)  辛巳
  • 12(第二旬)  庚辰
  • 22(第三旬)  己卯
  • 32(第四旬)  戊寅
  • 42(第五旬)  丁丑
  • 52(第六旬)  丙子
  • 62(第七旬)  乙亥
  • 72(第八旬)  甲戌
  • 82(第九旬)  癸酉
  • 92(第十旬)  壬申

大運は人生においてその人の運勢を左右するほどの影響があります。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です