無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

七殺(ななさつ)について

五行の相剋比について

五行の相剋比

七殺の解説に入る前に、まずは五行の相剋比についておさらいしましょう。

相剋比とは、相生・相剋・比和の関係です。相生とは生じ・生じられる関係です。相剋とは剋し・剋される関係です。比和は同質の関係です。

二つの五行の間には相剋比の関係性が必ず存在します。勝ったり負けたり、あいこだったり。じゃんけんのグー・チョキ・パーみたいなものだと思うと分かりやすいかもしれません。石ははさみに勝ちますが、紙には負けます。はさみは紙に勝ちますが、石に負けます。紙は石に勝ちますが、はさみに負けます。

相生関係

  • 木生火(木が燃えて火を生じる)
  • 火生土(火が枯れて土となる)
  • 土生金(土が固まり金となる)
  • 金生水(金が水を生じる)
  • 水生木(水が木を育てる)

相剋関係

  • 木剋土(木は土より養分を吸い取る)
  • 火剋金(火は金を溶かす)
  • 土剋水(土は水を塞き止める)
  • 金剋木(金・刀は木を切る)
  • 水剋火(水は火を消滅させる)

比和の関係

  • 木-木
  • 火-火
  • 土-土
  • 金-金
  • 水-水

七殺とは

七殺(例)

ななさつ、と読みます。陽なら陽、陰なら陰の相剋は互いに反発しながらの相剋となるため、相剋の中でも特に強い相剋となります。

七番目のものに剋されるときが、この強い相剋になります。この七番目のものに剋される相剋のことを七殺と言います。

上図の例であれば、同じ陽干同士で庚(金)剋甲(木)となり、七殺になります。7番目に剋されるときが七殺となります。上図では甲から始まっていますが、どこから始めても構いません。始めのものを1として、7番目に剋されるときが七殺となります。

七殺されるとその干の性質が壊れたり、強く出せなくなります。

十干の七殺一覧

以下に十干の七殺を一覧しておきます。何れの十干も、何か他の十干に必ず剋されます。強い相手がいれば、弱い相手もいるということです。

  • 陽木性:甲剋戊
  • 陰木性:乙剋己
  • 陽火性:丙剋庚
  • 陰火性:丁剋辛
  • 陽土性:戊剋壬
  • 陰土性:己剋癸
  • 陽金性:庚剋甲
  • 陰金性:辛剋乙
  • 陽水性:壬剋丙
  • 陰水性:癸剋丁

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です