【人生の目的を知る】人体図における星の回り

2019年10月6日

算命学:あなたの人体図は星が回るか?

人体図の十大主星で星が回るかを見ます。五行が回るかと言う意味です。「星が流れる」とも言います。

木→火→土→金→水です。五行の相生関係ですね。人体図の各十大主星の五行の相生関係を調べるということです。

十大主星と五行

まずは十大主星とその五行をおさらいしましょう。以下の十大主星は、木火土金水の順番で並べています。五行は原則として、木火土金水の順番で並べます。

  • 陽 木性 貫索星
  • 陰 木性 石門星
  • 陽 火性 鳳閣星
  • 陰 火性 調舒星
  • 陽 土性 禄存星
  • 陰 土性 司禄星
  • 陽 金性 車騎星
  • 陰 金性 牽牛星
  • 陽 水性 龍高星
  • 陰 水性 玉堂星

人体図の星の流れ実例

星が回るか?

上図を例にすると、貫(木)→鳳・調(火)→禄(土)→牽(金)です。この例では水性はありませんね。

木性がなければ火性からスタートして良いです。火性がなければ土性からスタートして良いです。どこからスタートしても構いません。

注意点として、五行は連続していなければいけません。上記の場合ですと、仮に火性がなかったとして、貫(木)→禄(土)としてはいけません。木性は土性を生じられないからです。必ず相生の関係になるようにつながっていかなければなりません。

星の止まるところはその人の人生の目的

最終的に星の止まるところがその人の人生の目的です。人体図は、その星の止まるところを目指して回っています。上記の場合、牽牛星(胸)に止まります。胸は本人・自分自身の場所です。この人は、自分自身が人生の目的になります。自分のために生きていくことが宿命を消化することになります。

こうして人生の目的を出してやると人生の路導的なものが解り、何も知らない人と比較すると、生きやすくなると思います。自分の人生の目的を分かっていれば・知っていれば、それを目指して生きることができます。何をすべきで、何をすべきではないのかが分かるということです。知っていれば、人生を軌道修正することもできるのです。しかし、知らない場合は間違った道へ進んでいても本人は気づきません。こういった観点から、自らの人生はどこを目指して進んでいるのかを知っておくことは、とても重要なことです。

うま~く星の回る人というのはそんなに多くありません。なかには、まったく星の回らない人もいます。星が回るということは、裏を返せばその分五行をバランスよく持っているということです。人体図の配置にもよりますが、バランス良く五行を持っていると安定した人となります。

止まる星とその意味合い

貫索星・石門星に止まる場合

自分の意志を通そうとする。そのため一旦決心したことは貫こうとする。周囲に流されること無く自分の生き方を容易に変えません。これがその人の心の安定につながります。意地っ張りになりやすいですが、これは心を安定させるためである。また、情が深く思いやりのある人でもあります。

鳳閣星・調舒星に止まる場合

伝えたり人に教えたりすることに対して喜びを感じます。そのため人の世話をやきたがります。良く出れば面倒見のいい人ですが、悪く出ればお節介やきとなります。また、他の人を感化・説得する力を持っています。相手に自分のことをわかってもらいたいという思いがあります。自分のことを分かってくれる人が周りにいると安心して暮らせますが、そうでないと精神が不安定となります。

禄存星・司禄星に止まる場合

自分のものに固執します。物を大切にするとも言えます。これは人に対してもその性質が出ます。自分の配偶者や子供・友人も大切にしようとします。また、物事を損得で判断しやすいです。

車騎星・牽牛星に止まる場合

損なことを引き受けます。自分が何かの役に立っているという喜びを得ようとします。ときには自己犠牲もいといません。ただし、その代りに名誉を得ることになります。働き者でもあり、誰かに尽くす忠誠心を持っています。損なことでも引き受ける姿勢で生きていくと良いです。嫌なことでも周りのためをと思って生きていくと運勢が上がっていきます。

龍高星・玉堂星に止まる場合

物事を理論的に説明しようとします。そのため理屈にこだわり善悪の基準も理屈で決めようとします。また、向上心が強く自分の好奇心を満たす方を選択するようになります。理論的な考え方をし、理屈で納得させようとします。頭が良い人です。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

占いばばあの算命学メルマガ購読募集中!

ブログとはちょっと違った算命学情報を不定期に!?無料でお届けします。 あなたの星を稼働させましょう! 現在79名の方が購読中です(^^)

あなたの星を稼働させるためには,まず宿命を知ることが第一歩です。あなたの星を算出してみましょう!