無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

【人生の目的を知る】人体図における星の回り

あなたの人体図は星が回るか?

人体図の十大主星で星が回るかを見ます。五行が回るかと言う意味です。「星が流れる」とも言います。

順序は、木→火→土→金→水です。五行の相生関係ですね。人体図の各十大主星の五行の相生関係を調べるということです。

十大主星と五行

まずは十大主星とその五行をおさらいしましょう。以下の十大主星は、木火土金水の順番で並べています。五行は原則として、木火土金水の順番で並べます。

  • 陽 木性 貫索星
  • 陰 木性 石門星
  • 陽 火性 鳳閣星
  • 陰 火性 調舒星
  • 陽 土性 禄存星
  • 陰 土性 司禄星
  • 陽 金性 車騎星
  • 陰 金性 牽牛星
  • 陽 水性 龍高星
  • 陰 水性 玉堂星

人体図の星の流れ実例

星が回るか?

上図を例にすると、貫(木)→鳳・調(火)→禄(土)→牽(金)です。この例では水性はありませんね。

木性がなければ、火性からスタートして良いです。火性がなければ、土性からスタートして良いです。

注意点として、五行は連続していなければいけません。上記の場合ですと、仮に火性がなかったとして、貫(木)→禄(土)としてはいけません。木性は土性を生じられないからです。必ず相生の関係になるようにつながっていかなければなりません。

星の止まるところはその人の人生の目的

最終的に星の止まるところがその人の人生の目的です。人体図は、その星の止まるところを目指して回っています。上記の場合、牽牛星(胸)に止まります。胸は本人・自分自身の場所です。この人は、自分自身が人生の目的になります。自分のために生きていくことが宿命を消化することになります。

こうして人生の目的を出してやると人生の路導的なものが解り、何も知らない人と比較すると、生きやすくなると思います。自分の人生の目的を分かっていれば・知っていれば、それを目指して生きることができます。何をすべきで、何をすべきではないのかが分かるということです。知っていれば、人生を軌道修正することもできるのです。しかし、知らない場合は間違った道へ進んでいても本人は気づきません。こういった観点から、自らの人生はどこを目指して進んでいるのかを知っておくことは、とても重要なことです。

うま~く星の回る人というのはそんなに多くありません。なかには、まったく星の回らない人もいます。星が回るということは、裏を返せばその分五行をバランスよく持っているということです。人体図の配置にもよりますが、バランス良く五行を持っていると安定した人となります。

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です