算命学における二十八元について

2019年10月14日

二十八元と二十八元表

二十八元表を以下に掲載しておきます。

ひとつの十二支の中には最大で3つまで十干を内蔵しています。これを蔵干といいます。十干の右の数字は節入日からの日数です。

初元中元本元
  
癸 9辛 3
戊 7丙 7
  
乙 9癸 3
戊 5庚 9
 己 19
丁 9乙 3
戊 10壬 3
  
辛 9丁 3
甲 12 

蔵干は,方三位・三合会局・土性によるものの三種があります。四正には各支の旺地であって,他の気が混ざり合うことはできないという観点から,本元のみとなります。

二十八元の成立

十二支の中には最大で三つの干が含まれます。この三つとは、方三位・三合会局・土性によるものです。干は空間です。つまり,一つの支の中には最大で三空間が含まれていることになります。この三空間を地支の初め・中間・終わりと区分をしました。これが初元・中元・本元です。

  • 三蔵干:丑・辰・未・戌・寅・申・巳
  • 二蔵干:午・亥
  • 一蔵干:卯・酉・子

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

占いばばあの算命学メルマガ購読募集中

ブログとはちょっと違った算命学情報を不定期に!?お届けします。 現在18名の方が購読中です(^^)