無料宿命算出のツールがあったら需要があるかしら?

【人生における算命学の活用方法】

【人生における算命学の活用方法】

人生において、会社や学校などで一般論として「相手を変えるのは無理。自分を変えるほうがいい」と言われるようなことがあります。実社会で生活している以上、会社や学校などのコミュニティに所属して人は生きています。会社や学校だけに限らず、町内会やママさん友達との交流など、コミュニティはどこにでも必ず存在します。社会で生きていく以上、人との接点は断つことはできず必ず人間関係・コミュニケーションというものが発生します。人間は絶対的な孤では生きていけないのです。

そのコミュニティの中にはあなたの苦手とする人もいるはずです。皆が皆上手くやっていければいいですが、人数が多くなってくると必ず意見の違いなどが生じ、自分と合う人・合わない人が出てきますね。嫌いな上司や変に絡んでくる先輩を相手にする時のような場面です。会社や学校などコミュニティに属していると、いえ、普段生活していると、嫌だけれども付き合い上どうしても接しなければならない相手というのが誰にでも存在しますよね。

こんな時こそ算命学を活用したいです。

嫌だと思っていても接しなければいけない相手に対しては、相手の星を見て理解して、うま~く相手をシュッシュッと躱(かわ)していく。これが算命術です。これをあなたの人生に活用すべきなのです。

相手の生年月日さえ分かってしまえば、相手の宿命を出せます。従って、宿命と人体図その他様々な技法を用いて紐解けば、相手がどんな人間なのか分かります。それを理解した上で、接する相手をうまく躱すというやり方です。相手は変えられないのです。相手を理解して自分が変わる必要があるのです。

一見なんでもないことのように聞こえるかもしれませんが、これは非常に重要なことです。生年月日が分かれば、誰でも丸裸です。しかし、生年月日がわかったからと言って算命学は決して悪用してはなりません。悪用するとすべて必ず自分に返ってくるという教えがあります。ですので、相手を貶めるようなやり方はしてはならず、つまり相手を理解して躱すのです。自らが身を避けるのです。

算命学の目的

算命学の目的は自分を知ることです。人間はなぜ生まれてきたのか、なぜ生きるのか、なぜ死ぬのか、人間の生と死に着目して、人間というものを解き明かそうとして成り立ってきたのが算命学なのです。

余談ですが、算命学はその昔軍略に用いられていました。敵方の大将の生年月日さえ判ってしまえば、相手の運気の弱まる時期をピンポイントに狙って攻撃できます。誰にでも運気が良くなるときと悪くなるときが必ずあります。悪くなった時を狙うのです。

算命学の活用方法(まとめ)

普段の人間関係を上手にこなすためにも算命学を活用してみるのは一つの手段だと思います。特に、嫌な相手・苦手な相手に対する対処法の一つとして算命学を取り入れてみるのはいかがでしょうか。「相手は変わらない;自分が変わる」。「自分が変わる」これは想像する以上に大変なことです。しかし、それを乗り越えて自分を一歩でも変えることができたらそれは成長であり、自分の次元を一つ上げられたということです。

自分の行動によって自らの未来を変えていくのはとても素敵なことだと思います。そこにぜひ、あなたの強力な武器となる算命学を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

お困りごと・鑑定依頼は、お問い合わせフォームからどうぞ(^^)

フォローをお願いします (^^)

最新の情報をお伝えします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です